【看護師必見】急変時どのように医師に報告すべきなのか!?SBAR(エスバー)を活用!

もくじ

急変時のコニュニケーションツール

SBAR(エスバー)といった言葉って聞いた事はありますか?

多分あまり聞きなれない言葉かもしれません。
急変時のコニュニケーションスキルの一つとされています!!

エスバーとは

・Sの意味は、Situation(スチュエ―ション)
・Bの意味は、Background(バックグラウンド)
・Aの意味は、assessment(アセスメント)
・Rの意味は、request(リクエスト)
英語の頭文字をとっていますが、意味で詳しくは次の所で説明するよ!!

SBARというのは、日本でも、救急(ER)看護師の間でも使われるコニュニケーション方法なので、覚えておくと便利だよ!
この方法で、医師に伝える事で、要点を抑えて報告できるようになるよ!!

SBARの一つ一つの意味を理解しよう!

(※スマホの方は右にスクロールしてみてね!)

Situation(スチュエ―ション)患者さんに何が起こっているのか?を報告する!

・病棟名、患者さんの名前,病室。
・患者の状態、症状。
・何が、いつから、どうなった?どうなっている?何が問題なの?

Background(バックグラウンド)どういった経緯で入院した?を報告する!
・診断名は?患者さんの入院してきた経緯は?
・バイタルサインは正常なの?異常なの?
・現在使用している薬剤や背景はどうなの?
Assessment(アセスメント)自分の評価を報告する!
・自分はどう考えたか?を報告しましょう!
Repuest(リクエスト)Drにしてほしい要望を伝える!
経過観察でよいのか。診察をして欲しいのか。大至急診察してほしいのか

SBARを活用しよう

病棟で急変が起こった場合は、なにげなくみんなは報告しているかと思います。
でも、報告された先生は、どういった緊迫した状況なのか?というのを電話ごしの内容で確認します。
報告をうけた時点では、患者さんを直接みているわけではないので、状況がよくわからないのです。

報告した内容が緊迫していたら、すぐに先生はかけつけるでしょう。でも、報告内容で少し様子をみても大丈夫かな。って思ったら先生も少しあとから診察にくる。という事もあるかと思います。

でも、SBARで整理をして報告する事で、『対応すべき緊急度』などもかわってくるかな~。と思いますので、要点を抑えて報告できるようになるかと思います。

患者さんに起きている事!例えば、胸が苦しいとか、息が苦しい。とかの時にもSBARで整理をして報告する事ができると思います。
(※部屋にいった時、患者さんが呼吸停止をおこしていた場合は、流暢な事はいっていられないのでエスバーで報告はせず、すぐにDrコールです)

具体的に事例をつかって、エスバーで考えてみましょう。

SBARを事例から考えてみる

事例:肺炎の患者さんが入院中SPO2低下しました!酸素送気を開始して5L流しているが改善しない。さぁどう対応しましょう!?

S(スチュエ―ション):

病棟の場所、患者さんの名前、起きている症状を端的に伝える!

B(バックグラウンド)

昨日入院した患者さんで、肺炎で抗生剤治療をしています。
会話も可能で意識は普段とかわりありません、血圧140/76。脈拍は120代で普段より頻脈です。酸素5L投与してSPO2:は90%程度です。夕食を食べたあとに呼吸苦を訴えました。痰の貯留はありません。

A(アセスメント):食後だったので、もしかしたら誤嚥をおこした可能性があるかもしれません。

R(リクエスト):呼吸状態が不安定だと思うので、診察をお願いできますか?

Dr:(状況がわかりました。)すぐに診察いきます!!

こういった流れになるでしょう。

まとめ

私は、常日頃からこういった事を意識して患者さんと関わるようにしています。
必ずしなければいけない。わけではありませんが、自分の頭の中で、整理して報告する事ができるようになると思います!!

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる